國家戦略特區

(最終更新日:平成31年3月19日)

産業の國際競爭力の強化及び國際的な経済活動の拠點の形成を図るため、國家戦略特區を突破口に、あらゆる巖盤規制を打ち抜いていきます。

最新情報や會議?資料等は、こちらのページをご覧ください。
國家戦略特區HP

國家戦略特區とは?

國家戦略特別區域諮問會議の
様子

「國家戦略特區」は、“世界で一番ビジネスをしやすい環境”を作ることを目的に、地域や分野を限定することで、大膽な規制?制度の緩和や稅制面の優遇を行う規制改革制度です。平成25年度に関連する法律が制定され、平成26年5月に最初の區域が指定されました。

 

「國家戦略特區」ご存知ですか?
(政府インターネットテレビ)

動畫が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

どんなメニューがあるの?

観光、教育、農業など計11分野で、92事業があります。各メニューの詳細は、下記HPをご覧ください。

「國家戦略特區」のよくある質問

國家戦略特區は、なぜ作られたのですか?

國家戦略特區制度は、アベノミクス成長戦略の実現に必要な、大膽な規制?制度改革を実行し、「世界で一番ビジネスがしやすい環境」を創出することを目的に創設されました。

國家戦略特區の區域は、どのように決められるのですか?

特區として指定されている區域は、10區域(平成31年3月現在)です。
これは、國?自治體?民間事業者の3者で構成される國家戦略特別區域會議を経て、國家戦略特別區域諮問會議(議長:內閣総理大臣)において決定されます。

従來の特區と比べ、國家戦略特區はどのような特徴がありますか?

従來の特區は、自治體?団體から計畫を國に提案するという、いわばボトムアップ型の規制改革の取組です。一方で、國家戦略特區は、対象區域の選定に國が主體的に関わり、スピード感を持って巖盤規制を突破する仕組になっています。また、各區域ごとに置かれる國家戦略特別區域會議に、國?地方自治體?民間事業者が対等な立場で參畫し、密接な連攜のもとに區域計畫を作成するという特徴があります。

國家戦略特區は、他の特區とどのように連攜しているのですか?

國家戦略特區以外の特區制度には、「構造改革特區」と「総合特區」があります。
構造改革特區は、自治體からの提案により、実情に合わなくなった國の規制を緩和し、これまでは事業化できなかったことを特別にできるようにするものです。
総合特區は、実現可能性の高い先駆的取組を行う區域に、規制?制度の緩和に加え、稅制?財政?金融上の支援といった総合的な支援を行うものです。
また、國家戦略特區と構造改革特區との一體的な運用を図る観點から、同時に提案募集を行っております。
構造改革特區、総合特區についての詳細は下記HPをご覧ください。

國家戦略特區で認められた區域?メニューの具體的な事例を教えてください。

例えば、兵庫県養父市では、農業の擔い手不足や耕作放棄地等を解消するため、今まで認められていなかった民間事業者による農地取得を提案し、特例措置が認められました。
また、東京都では、東京オリンピック?パラリンピックの開催に向け、外國人向け宿泊施設の不足が見込まれる中、空マンション?空き家を宿泊施設として活用する民泊の取組が認められ、大田區を中心に民泊事業による地域経済の活性化、新たなビジネス?雇用の創出が推進されています。
なお下記HPでは、國家戦略特區の成果事例を動畫やPDF形式でまとめたものをご覧いただけるほか、國家戦略特區フェイスブックでも制度や事例の紹介を行っています。

民間事業者による農地取得
(兵庫県養父市)

空き家を活用した民泊事業
(東京都大田區)

一部の地域から全國的に広がった國家戦略特區の取組はありますか?

29事業が、全國措置されており、うち5事業が特區から全國展開されています。
具體的には、都市公園內における保育所等設置の解禁や農業生産法人の経営多角化などがあります。

都市公園內の保育所
(宮城県仙臺市)

農業生産法人経営多角化
(新潟県新潟市)

國家戦略特區は、誰が提案できるのですか?

地方公共団體又は事業の実施主體となる民間事業者等から募集します。なお、単獨での提案だけではなく、複數の主體による共同での提案も受け付けます。

國家戦略特區のうち、近未來技術実証特區って何ですか?

自動車の自動走行や小型無人機(ドローン)による配送など、國內外の新しい技術について、限定された地域?エリアで、大膽に実証するフィールドを確保して、新たな商品?サービスを生み出すためのものです。

自動走行バス運行の実証実験
(秋田県仙北市)

ドローンによる自律飛行配送の実証実験
(千葉県千葉市)

規制の「サンドボックス」制度って何ですか?

サンドボックスとは、「砂場」を意味します。
小さなお子さんが砂場で遊ぶ時、試行錯誤を繰り返しながら、自由に砂を色んな形にするように、自治體や民間事業者が新たな商品?サービスを生み出すための近未來技術の実証実験を迅速に行えるよう、安全性に十分配慮した上で、事前規制や手続きを抜本的に見直す制度です。

特區の申請方法、申請スケジュールを教えてください。

提案は隨時受付しており、「集中受付期間」もあります。
詳しくは下記HPをご覧ください。

関連リンク