第1回東京オリンピック競技大會?東京パラリンピック競技大會推進本部會合での総理挨拶

 2020年の東京オリンピック?パラリンピックの関連法が施行され、専任大臣の下、準備を加速する體制が整いました。
 オリンピック?パラリンピックの主役は、國民お一人おひとり、そしてアスリートの方々であり、皆さんに祝福される大會でなければなりません。
 そして、2020年の大會を、世界中の多くの人々が夢と希望を分かち合える歴史に殘る大會、東日本大震災から復興を成し遂げた日本の姿を世界に向けて発信する大會、そして、パラリンピックの開催を通じ、我が國が、障害者の方々にとってバリアの無い、世界で最も生き生きと生活できる國であることを示す大會、そういう大會となるよう、取り組んでいきたいと思います。
 新國立競技場については、先週、現在の計畫を白紙に戻し、ゼロベースで見直すことを決斷しました。內閣全體として責任をもって競技場の建設を進めていくため、先日、遠藤大臣をヘッドとして、閣僚會議を立ち上げました。
 大會までの期間が限られている中、新しい整備計畫の策定に全力を挙げ、2020年のオリンピック?パラリンピック開催まで、新しい競技場を間違いなく完成させ、世界の人々に感動を與える場としていきたいと思います。
 そして、ラグビーワールドカップ2019についても、速やかに、かつ、著実に準備を進めていく必要があります。 今後、推進本部において、基本方針を策定してまいりますが、2020年の7月24日が東京オリンピックの開會式です。今日からちょうど5年後の7月24日開幕します。閣僚の皆さまには、『あと5年』ではなく『もう5年しかない』という気持ちで、政府一丸となって、大會の成功に向けて御盡力をいただきますようによろしくお願いを申し上げます。